2016年3月14日月曜日

195. 再開(1年ぶりの更新の件)

前回が2015年3月9日で、今回は2016年3月13日ということで、実に1年ぶりの更新になる。

このように1年間空いてしまったのは、ひとえにFacebookを使い出したことによる。
自分のメインの媒体がBlogからSNSに移ってしまったのだ。

世の流れ、ということだろう。自分も例外ではなかったようだ。
確かに、顔を知った友人と交流が気軽にできる点や、興味あることをシェアできる点など、FacebookにはBlogよりも進んだ利点がたくさんある(今更)。

特に、今のように(米国NJ州に赴任中)友人と距離がある場合には、Facebookはかなり便利なツールとなる。

さて、この1年で変わったことをさっぱりとまとめると、以下のようになる。


  • 米国生活は2年目となり、大分「日常感」が出てきた。
  • 車の運転にも慣れてきた。既に米国内で5万キロ程走っている。
  • 英語はまだまだだけれど、仕事をする上では安定感が出てきたかんじだ。ただ、相変わらず、すごい人たち(現地採用の日本人)には、足下にも及ばないのが正直なところ。
  • 駐在員として働きつつ、2015年10月より、University of MassachusettsのLowell校にて、MBAコースに参加している。入学してから分かったのだが、アメリカの大学は入学してからが本当にきつい。成績が悪いと結構シビアに退学になってしまう。なるほど、MBAは大変と聞いていたが、こういうことか、と納得した。ということで、真剣に勉強中。恐らく、Facebookへの媒体の移行と、このMBAの勉強とがダブルパンチで1年も更新が開いてしまったのだろう。
  • カメラは相変わらず、EOS 6Dだが、Sigmaの単焦点Art シリーズ(24mm, 35mm, 50mm)が常用レンズとなった。抜けの良さ、開放から使えるシャープさが気に入っている。実は、三本の中で意外なヒットだったのは24mmで、「広角だけどボケる」という不思議な描写に虜になった。中判フィルムで取ったときのように、被写体の背景全体がムッとボケるかんじが、立体感作り出し、とてもよい。

Facebookを頻繁に使うようになって、このBlogをどうしようかしばらく悩んでいたのだが、 SNSに向いていない長めの内容や、真面目な内容を書き込む場所として、今後は使っていこうと思う。

2015年3月9日月曜日

194.進撃のキヤノン

ああ、やっとこのタイトルで書ける。
ようやくキヤノンが反撃の狼煙を上げ、ここ最近気合いの入った製品を連発している。
既にやや古い情報になってしまったが(落ち着いて書く時間がここ数週間作れなかった)、少し振り返ってみたい。

キヤノンは、昨年の9月にAPS-Cフラッグシップ機 7D MarkIIを発売してから、本気度が上がってきているように見える。

出典: http://kakaku.com/item/K0000693649/images/ 


ここ数年待ち望まれてきたAPS-Cサイズ 高速連射機7Dの刷新は、期待が大きいだけに失敗したときのリスクも大きいものだったが、見事に期待を上回る出来だった。10コマ/秒とEOS-1DX並みのAF性能で、鳥や航空写真、スポーツ系の動きものを撮る人々から大歓迎された。

また、同じクラスのニコン機(D300S)が長らく刷新されていないことから、ニコンのDXフォーマット(APS-C)ファンも一部キヤノンに鞍替えしようか、とつぶやく結果となった。(実際にどうなったかはわからないが)

さて、遡ること3年前、2012年2月、ニコンは3630万画素のD800を発表した。この画素数は前機種のD700(その後別ラインとしてD750に分かれるが)が1210万画素だったことを考えると、実に3倍で、如何にインパクトのある高画素化であったか分かると思う。

それより以前は、フルサイズの高画素機と言えばキヤノンの5D MarkIIで、2230万画素だった。ニコンはしばらくキヤノンの高画素フルサイズに嫉妬し、それを大幅に上回る機種を出したのだった。

しかし、高画素と高感度耐性は逆相関すると当時考えられており、発表から発売までは、「そんな高画素はいらない、高感度耐性を高めたバランス機がよい」との論調が多かった(噂サイトで)。

蓋を開けてみると、意外にも高感度耐性もよく(結局プリントするサイズは小さいので、縮小することによってノイズが見た目上キャンセルされ、意外とISO6400でも鑑賞に耐えることが発覚した)、大ヒットとなった。

対してキヤノンは、D800にやや遅れて、2012年3月に5D Mark IIIを発売したが、これは完全にバランス指向型の機種で、画素数は据え置き2230万画素。

5D Mark IIIは、高いAF追従性能と常用ISO25600までの高感度対応で訴求したが、D800よりも約5万円近く高い値段設定で、割高感があった。

肝心の高感度対決でも、ISO6400では同サイズにリサイズしたD800にディテールの保持で敗れ、キヤノンファンは落胆を隠せなかった。(D800はISO6400までしか設定できないため、ここでの対決となった)

さらに追い打ちをかけるのは、DxO mark scoreで、ニコンが採用するソニー製センサーはフルサイズでは90ポイント以上を叩き出す一方で、キヤノン製センサーは83ポイント程度。センサー性能も大きく水をあけられていることは明らかだった。(この点をあげつらうサイトがいくつかあって、キヤノンファンとしては見ていて悲しくなってくる)

さて、こうなると、キヤノンファンが今度は嫉妬する番である。
「キヤノンの高画素機はどうなるのか?このまま水をあけられたままでいいのか?」
ここから長らく、キヤノンの「冬の時代」が始まる。

(なお、5D Mark IIIの名誉のために補足すると、その設計意図通り、バランス指向型の機種として完成度は高く、今となっては扱いやすい名機とされている。キヤノンが真面目な技術開発を行っていることは間違いない。)

さて、話は2015年現在に戻る。
ニコンのD800から遅れること3年、キヤノンも遂に高画素機を発表した。
EOS-5DSと5DSRである。

出典:http://kakaku.com/item/K0000741187/



出典:http://kakaku.com/item/K0000741188/


有効画素数は5060万画素。
ローパスフィルターの効果あり、なしでEOS-5DSと5DSRに分かれる。
これは、ニコンのD800とD800Eの2ラインと全く同じやり方で、またネーミングは、ソニーのRX1とRX1Rと全く同様である。(ローパスフィルターレス(もしくは弱めた方)をRとし、赤字にすることまで一緒)

他社がうまくやってのけた戦略を、そのまま借用するのはキヤノンのお家芸(横綱の後追い相撲)だが、今回もまさにそのような方法で、結果としては「意趣返し」をしたことになる。
(ここまで来ると、嫌みなのか?とも勘ぐりたくなる。)

(余談だが、なぜ5DSはロゴを金色にしてしまったのだろう?以前キヤノンは色を無駄使いせずブランドイメージの演出がうまいという趣旨の記事を書いたが、一部前言撤回しなければならないように思う。この金ロゴは、訳が分からない。これを承認してしまうセンスの持ち主がいるということなのだろう。個人的にはとても残念だ。ただ、5DSRの方は銀と赤で、Lレンズとの相性もいいデザインだ。もしかして、5DSRを買わせようとでもしているのか?などと穿った見方をしてしまう。)

さて、時を同じくして、今年2月20日。
オリンパスのOM-D EM-5 Mark IIに、センサーシフト方式の手ぶれ補正機構を応用し、半画素ずつずらして8枚撮影した画像を合成することで、4000万画素の画像を得るというとんでもない技術が搭載された。
この撮影は、残念ながら静物に限られることになるが、それでも、4000万画素の画像を得る手段がマイクロフォーサーズに搭載されてきたという点は注目に値する。


世はついに、4000万から5000万級の高画素時代に移りつつある。


さて、進撃のキヤノン。
ネックは例によって値段である。5DSが45万、5DSRが48万円。中古車ならば買えてしまうような値段だが、これがどこまで受け入れられるだろうか。

また、5000万画素についてこれるレンズの選択と、巨大ファイルサイズのハンドリング、等倍鑑賞で目立つ手ぶれ(微ぶれ)等、性能が上がったことによるトレードオフもある。
この辺り、キヤノンは十分分かっていて、恐らく生産調整をきちんとしてくるはずだ。

その上で、バランス機を5D MarkIVとするのだろう。
賢い。

技術で勝ることを誇示しつつ、商売でも勝てるよう布陣を敷く。
価格の面で不安要素がありつつも(ただ、それは利益率重視の企業としては、正しい戦略)、まだまだキヤノンは頑張れそうである。

さて、ここにソニーがどのように絡んでくるのだろう。
EVFレスのNEXタイプの廉価フルサイズ機が噂されている。実売10万円未満とも言われており、もし実現すると、フルサイズ=高価という図式が完全に壊れることになる。(既にα7で大分壊れてしまっているが)

これは、フルサイズの市場で値崩れを発生させる「禁断の扉」を開くことになる。

まだまだ、デジカメ市場は面白い。

2015年2月8日日曜日

193.ペンタックスの始動

ペンタックスファンのみなさま、おめでとうございます。
ついに、待望の「フルサイズ機」が正式に開発発表されました。
---


出典:デジカメWatch http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150205_686692.html


---

これまで本当に長い間ペンタックスファンは、「フルサイズ機」の登場を待ってきた。

もちろん、キヤノンやニコンといった大手との差別化で、APS-C注力路線を堅持すべきだ、という意見もあったので、全員が全員待っていたという訳ではなかったが、それでもフルサイズはペンタックスファンの一つの夢だったと思う。

しかし、ペンタックスにはフルサイズに踏み出せない足かせがあった。銀塩カメラからデジタルに移行した際、純正レンズのイメージサークルをAPS-Cに最適化しており、結果としてフルサイズをカバーできる最新のレンズが皆無となってしまっていたのだ。このため、「例えフルサイズ機を出してもレンズ資産がほとんどなく、システム構築に莫大なコストがかかり、採算が合わない」と言われていた。

実際、ここ数年何度も「フルサイズ機の開発は行っているが、具体的な発売の目処はたっていない」といった趣旨の発言をペンタックス開発陣は繰り返しており、毎回、「今度もか・・・」とため息をついたものだった。

それがあまりにも長く続いたため、自分は我慢できずペンタックスのKマウントから、キヤノンのEFマウントに鞍替えしてしまった。それが2009年。もう今から5年以上前のことになる。時間が経つのは本当に早いものだ。

しかし、それでも自分の一眼レフの使用歴は、Kマウントから始まったことに間違いはなく、特別な思いを持ってペンタックスの動向を見つめてきた。

考えてみると、ペンタックスは、ここ数年、「激動」と言ってよい経験をしてきた。
親会社のHOYAから不採算事業として扱われ、その後RICOHによって買収されることとなる。
結果、今ではペンタックスは「一眼レフのブランド」ではあるが、「カメラメーカー」としては存在していない。
象徴的なのは、背面液晶の下部で、ここを見ると、PENTAXではなく、RICOH銘がプリントされているのだ(この点が古参のペンタックスファンにはどうしても受け入れられない)。

一眼レフのラインナップもめまぐるしく変化してきた。
K10D、K100D時代(2006年頃)から自分はペンタックスを使用し始めたが、このときは、APS-Cの一眼レフ2機種のみというシンプルなライン構成だった。形状も、カメラしかりとしたもので、どちらかというと保守的なデザインのものだったように思う。

初級機のK100Dと、中級機のK10Dは、それぞれ同じクラスの他社競合品よりも、やや機能的に良く、「中級機までの使用」「高速なAFを必要としない風景写真での使用」として割り切るのであれば、悪くない選択肢だったと記憶している。(しかし、その上のクラスが不在で、ここが他社ではフルサイズ機となる)

それが、やがてデザインを中心として急激に変調を来す。
K-xのカラーバリエーション100色展開や、マークニューソンデザインのミラーレスカメラK-01(ただマウントは、一眼レフと同様のKマウントのままでこん棒のように分厚いミラーレスになってしまった)、小型化を最優先とした結果、撮像素子までコンデジ並みに小型化してしまったQシリーズ(普通は撮像素子の大きさはなるだけ確保して、筐体の大きさを小さくする努力をするのだが、そのような一般通念を度外視し、ある意味銀塩の110カメラのように撮像素子まで小さくしてしまったという賛否両論を巻き起こしたミラーレス)、最近のエントリー機種は若者向けのデザインを重視し、LEDを前面に配置している(K−S1)等、「遊び感」のあるポップな開発路線を展開した。

その一方で、K−7、5、3とK10Dの本格路線を引き継いだと思われる、真面目な中級機カメラも作ってきた。また、645Dに始まる中判デジタルへも踏み出し、結果として、645、APS-C、Qシリーズと撮像素子のラインが3本に分かれることになる。市場シェアで10%に満たない会社にとっては、これらラインの維持、そして対応するレンズ群の構築は相応のきつさを伴っているものと思われる。

そこに今回、フルサイズが新たなラインとして加わることになる。
それもレンズ群の新規構築という大きな課題を伴って。
これは大きな決断だったと思う。
今後、進む道はかなり険しいと思われるが、それでも是非がんばってほしい。

さて長らく、噂され、そして期待されてきたペンタックスのフルサイズ一眼レフ。
自分は、1年程前に以下のような記事を書いていた。
http://7billionth-essay.blogspot.com/2014/01/1702013.html

そこでは、
  • 銀塩時代の名機 PENTAX LXをデジタル版として復活させた機種(LX−D)
  • マウントは新マウントで、かつミラーレスに思い切って変更する
というようなことを、「フルサイズ後発のペンタックス」にとってはいいのではないかと考えていた。


しかし、蓋を開けてみると、全くはずれてしまい、

  • デザインエッセンスは、LXではなく、中判カメラの67IIがモチーフの模様
  • マウントは、Kマウントで、かつミラーありの通常の一眼レフ
であった。
PENTAX 67(出典:パンフレット)

ただ、自分はこれに思った程がっかりしていない。
むしろ、ペンタックスが自身の強みを徹底的に見直し、突き詰めた結果として、こうした回答を用意したのだと理解している。

自分の考えは、オリンパスのOM-Dシリーズのフルサイズ版で、「デジタル技術で過去の名機を現代版に刷新する」という戦略だった。

デジタルカメラになり背面液晶の必要性から大型化したボディと、テレセン性のため巨大化したレンズを、「ミラーレス構造とEVFで、再度フィルム時代のサイズまで小型化する」という発想だ。

しかし、ペンタックスは、EVFではなく、光学ファインダーを選んだ(のだと思う)。
ペンタプリズムを国産メーカーとして一番に導入し、一眼レフの普及を担ってきた、というメーカーの歴史を譲りたくなかったのだろう。

さて、フルサイズ機のデザインの主張は、一言で言えば「よく見えるファインダー」だ。
特徴的なとんがり頭のファインダーは、ソニーの名機α900(デジタルカメラ史上、最も倍率の高い、最も明るくクリアなファインダーを搭載)の面影を感じる。
人によっては、LXの稀少ファインダーFA-2を思い浮かべるかもしれない。

いずれにせよ、光学ファインダーを極めるという方向性は、ソニーがα900を最後に放棄してしまった路線なので、今となっては差別化の訴求点としてあり得るポジションだと思う。(つい先日まで、日本に帰ったら中古でα900を購入しようと思っていたくらいなので、僕自身、そのニーズを持っている。)

明るいファインダーに明るいレンズをつけると、本当に世界が明るく見える。
撮影者と世界をつなぐのは、ファインダーだ。
撮影体験は、ファインダーとシャッター音、そして各部の操作感によって構成されている。このため、光学ファインダーを極めるという方向性は、とても好ましいと思う。

手元には、売却せずにとっておいたKマウントのカールツァイス Planar T* 1.4/50がある。
APS-Cでは75mmの中望遠となってしまい使いどころが難しかったが、フルサイズであれば標準の50mmとなり、開放F1.4によるボケも楽しめる。

明るいファインダーに、明るいレンズの組み合わせ。
これは正に自分にとって最高の提案になる。
続報を楽しみに待つとしよう。 

2015年1月19日月曜日

192. 2014年のカメラ業界を振り返る

今更だが、2014年のカメラ業界を振り返ってみようと思う。
ごく一部のカメラファン(キヤノンユーザー)の戯れ言なので、その点あしからず。

キヤノン
  • 何と言っても7D mark2の発売。これで近年のふにゃふにゃ開発を一掃したかに見えた。が、やはりキヤノン製センサーのDXOスコアは従来通り低調で、スコア至上主義者からは批判を受けることになってしまった。とは言え、AFは最高。位相差AFでの優位性はしばらく続く。しかし、コントラストAFやデュアルピクセルAFでは、まだまだな印象。EVFと像面での処理が依然として課題に見える。
  • 力を入れた高級コンパクトクラスでは、G1XからG7Xまで発売。つまり、マイクロフォーサーズから1インチまで、センサーサイズを揃えてきたことになる。これは、キヤノンが他社のアプローチ(マイクロフォーサーズのオリンパス、パナソニック、1インチのソニー)を認めた年だった、とも言える。つまり後追いなのだが、カメラ業界では横綱相撲とも言われる。さて、このような取り組みはいつまで続くだろうか。
  • G7Xはソニーセンサー。このため、DXOスコア高し。それでいて6万円台。元祖のソニーRX100Mk3がEVF付きとはいえ8万円台なので、やっぱりキヤノンは商売上手に見える。ただ、実際持って見ると、なんとも言えないもっさり感(デザインとして)があるのは、ちょっと残念だった。
  • G1Xは、購入して使っている。手振れ補正が動画撮影時にとてもよく、また家族の写真を他の人に撮ってもらうときにも、顔認識が働くのでピントが合いやすく重宝している。ただ、パナソニックのLX100が登場してしまった今、この機種を積極的に選ぶ必要性はほぼなくなってしまった。ほぼ同サイズのセンサーで、100g近く軽く、EVFまで内蔵されており、デザインもかなりいい。実機をUSで触れられていないのであまり自信を持って言えないが、ひいき目に見てもLX100の圧勝だろう。(G1Xの利点は、70-120mmの望遠域と、ティルト液晶、1日のダイジェストムービーを作れる機能といったところだ)
  • 今後、キヤノンに作ってほしいのは、LレンズのEF-M版。これとEVFを搭載した本気度の高いEOS Mが出たなら、僕は飛びつく。
  • 気になるのは、新しいLレンズは総じてプラスチッキーであること。もっと金属感が欲しい。コスト的にはだめなのかもしれないが。
フジフイルム
  • フジフイルムは、カメラよりも医療分野での活躍の方が目新しかったように思う。買収した富山化学が持っていた抗インフルエンザ薬がエボラ出血熱にも有効であるとして、新薬開発を発表。また、3Dプリンタの技術を応用し、再生医療分野にも進出を発表した。こういった新規参入のエリアで成果を上げることは並大抵のことではないと思う。素直にすごいと思う。
  • デジカメ事業としては、着実にレンズの本数を増やす一年で、ボディに関しては少し立ち止まった一年だったように思う。恐らく、エントリー機が想定より売れず、戸惑い、戦略の練り直しを行っているように思う。またパナソニックと提携し開発を発表している有機センサーにはあまり期待できなそうだ。
  • Xシリーズにはフルサイズセンサー化の噂があったが、今年のメーカーのインタビューを見る限り、APS-Cで腹を括ったようだ。フルサイズは恐らく別ラインにして、レンズ固定式から出してみる、くらいだろう。X100T後継機をフルサイズとし、ソニーのRX1と競わせる、というのもありそうだが、どれだけ事業として魅力的かは疑問である。ビジネスとしては、既存のXマウントのシェア向上が第一だろう。
  • しかし、X100Tをレンズを変えずに出したのは英断だったと思う。これでテレコンやワイコンが、X100シリーズ三世代を通して使えるようになった。開発初期に、開発本部長が「10年使える機種を作るぞ」と号令を出したと記憶しているが、この三世代を合わせればもしかすると10年選手にもなるかもしれない。(少なくとも6年くらいは)

パナソニック
  • 独自路線を明確に打ち出し、突き進む一年だったと思う。GM1の流れから変調し(いい意味で)、GM5へと進化した。LX100も、とてもよく研究された機種と思う。G1Xを買う前なら、完全にこちらだった(もしくはライカ版)。
  • 不思議なのは、ティルト液晶の機種をあまり出さない傾向にあることだ。GM1の後継機には期待していたのだが、見送られてしまった。もちろん小型化を優先ということはあると思うが、RX100Mk3では、あのサイズでできているわけで、やはり選択肢から敢えて外していると見るべきだろう。

オリンパス
  • オリンパスも独自路線を進化させる方向だった。EM-1は確かに持ってみると所有したくなる。EM-10も質感は劣るが、タブルのダイアルが操作性抜群で、キヤノンとはまた違った操作性の極みを見たように思う。パナはこの点に欠けている(が、デザインでは勝っている。ブランド名の女性っぽさを除いて)。
  • 最近リークした、EM-5の2型には心底惚れ込んでしまった。この比率だよ、この比率。と何度も写真を見直しつつ、得心している。初代EM-5のときもそうだったが、CP+で展示されれば、恐らく最も混み合うブースになるだろう。USにいるのが悔しい限りだ。(ちなみに、カメラやレンズの価格では、USの方が日本よりやや高めの価格設定になることが多い)

リコー(ペンタックス)
  • ペンタックスは、ここ3年くらい一人でダンスし続けている。若手が奇抜なデザインを考え、熟練技術者が中身(光学ファインダー、センサーシフト機能、JPEGのチューニング)をがっちり作る。その外と中のギャップが側から見てると楽しいが、やはり自分の好みではないのだな、と思う。相変わらずフルサイズへの参入は噂止まり。来年は出るだろうか。
  • リコーはthetaだけだけど、そろそろGX200の後継機(GXRではなく)を出すというのはどうだろうか。あとはフルサイズのGR?レンズが大きくなりそうで微妙だろうか。
ソニー
  • ソニーは今年も台風の目だった。フルサイズでもボディ多産路線とは恐れ入る。α7, 7R, 7Sのように筐体を共通化した上で、センサーだけ変更するという手法は、なるほどと思う。ただ、共通化するのなら、筐体をきちんと剛性感を持たせて作るべきだった。結果、そういった弱点を潰したα7後継機が出たが、ユーザー的にはどうなんだろう。
  • ソニーセンサーは間違いなくキヤノン以上で、JPEGの絵作りも正直言って好みだ。ただ、どうしても、カメラとして見たときに、デザインが好きになれない。例えば、ペンタ部分にある社名のロゴだが、もう少し下につけるだけで締まって見えるはずだ。また、ペンタ部とボディとの間に一段間が空いているのだが、ここをなくすよう変更した方がいい。オリンパスのEM-5後継機を是非直視してほしい。せっかく提携しているのだから、カメラとしてのデザインセンスもどうにか協力できないのだろうか。。(個人的には、オリンパスの筐体でソニーのフルサイズセンサーが入ったらと願っている。このとき、僕はマウントをキヤノンから乗り換えるかもしれない)
  • デザイン以外で言うと、AFの高速化くらいしか弱点がない。ソニーすごいなぁ。

個人的なこと
  • センサースコア至上主義に一時やられて、ニコンに鞍替えしようかとも思った。しかし、どうしてもデザインで萎えてしまう。結局は、好きになれるかどうかが重要なのだろう。
    • ニコンの一眼レフでは、なぜ、F3のジウジアーロデザインの差し色(赤線)をくちばしのようなデザインとして残した上で、ブランドカラーは黄色でありながら、ハイエンドレンズでは金色のライン(高倍率ズーム、廉価レンズのタムロンにかぶる)をつけてしまうのだろうか。こういった色の不統一について、メーカーは特に気にしていないのだろうか。(同じことがペンタックスにも言える。ブランドカラーは緑なのか、金なのか。)
    • なぜそれほどマッチョなデザインとするのか。
    • Nikonの書体はなぜイタリックにしたのか(スポーツブランドのようだ)。
    • なぜモデル名がD810のように端数を許すのか。またD7000のような四桁を採用するのか(ここはソニーも同じ)。呼称という点で、言いづらく、また愛着も湧きにくく感じる。
  • 上記のようなことは、カメラの本質(どんな写真が取れるのか(センサーと画像エンジン)、その歩留まりはどの程度か(AFとセンサーの高感度耐性能)、携帯性能はよいか(サイズ)、など)とは直接リンクしない。しかし、趣味の範疇では重要な要素だ。好きになれるか。その点には忠実でいたい(でなければ、フイルムカメラなどには手を出せない)。
  • こういった思考を経て、結局自分はスペック至上主義ではないことに気づいた。もちろん、そこそこにスペックは欲しいが、一等賞でなくてもよく、むしろ、レンズとカメラの一体感、シリーズとしての一貫性、デザインのしっくり感を重視してしまう。次に、質感性能。未だに、5DMk2が好きなのは、6Dよりも質感に優れているから。使っていて、いいな、と感じる。持って感じる剛性感。
  • そのように考えると、改めてLレンズの赤線とEOSのボディとの相性は良く、また、5DMk2のように、5Dのラインに連番が付く呼称は、自分にとって好ましいことがわかった。まだしばらくはEOSユーザーなのだろう。
  • あとは、キヤノンがセンサー性能(ダイナミックレンジ)を上げてくれることを祈るのみだ。

2014年12月26日金曜日

191. 最近のお気に入り

ARCTERYXのKhamski 38というモデル。日常でも使いたいため、Shortサイズ(30〜34L)にした。Lレンズと同じ配色で気に入っている。


nobisというカナダの会社のジャケット。Canada gooseと同じか、それより暖かい。普通の部屋で着ると汗が出てくるくらい。


このブランドのいいところは、手首周りが丁寧に造られていて、熱が逃げない構造になっているところ。

画像ではうまく説明できないのだが、左右のポケットにはサイドから手をつっこめるようになっていて、そこがフリースで覆われており、とても暖かい。
Hand warmerと店員が表現していたのだが、自分の体温で暖まったポケットに手を入れると確かに、その名の通りだと思う。

また、ジップがダブルジップで、下方のみ開けることも可能。身の丈が長いコートやジャケットはこの機能が絶対必要だと思う。(が、たまに無いものもある。)

他にも、首まですっぽり隠れること、フードにワイヤーが入っており形をある程度いじれること、前の留め具がマグネット式になっており、ジップを閉めた後はワンタッチで全面を閉められること、など小技が効いている。

普段、服装のことなどほとんど気に止めないのだが、これだけ趣向が凝らされると、いいなぁと思う。

恐らく、近々日本でも販売するはずなので(もしかすると既にしている?)、暖かくて実用的なコートやジャケットを必要とする人にはおすすめである。

190. 散々だったこと

去る12月13日(土)、Pennsylvania州に一泊二日の小旅行に出かけてみた。
初めてのドライブ旅行。
これまで毎日車で通勤し、2ヶ月半でおよそ4800km程走行した。
(毎日片道30miles 、往復で60miles = 96kmで、50日間)
いい加減車の運転も慣れてきて、よしそろそろ旅行かなと。

目的地は、Christmas Villageという村に定める。サンタの家があるとのことで、これはアメリカらしいクリスマスを満喫できるのでは、と期待を込める。

カーナビでは、片道約2時間半、134miles(214km)の距離だったが、2歳児を連れての行程ということで、途中で休憩を挟んだり、ご飯を食べたりで結局、高速を降りる頃には3時間半ほど運転していたことになる。

実は2日前から風邪気味で、少し無理を押して来てしまった。
喉が痛く、しゃべるのがつらい。
あの、水を飲むのも痛い感じである。

その上、高速を降りると残り時間表示が20分から急に45分に。
どうやら通行止めか渋滞が発生したらしく、予定していた道とは別ルートで行くことに。
すると程なくして、右へ左への山道を走ることになった。

子供は泣き出し、気持ちが悪くなってしまったようで、食べたものを吐いてしまった。
こちらも疲れがピークで、暗い山道を走るのもしんどい、
狭く真っ暗な林道を走る。
カーブを左に曲がったところで、

「あっ!!」

いきなり標識が目の前に。
可及的速やかに左にハンドルを切るも敢えなく激突。
右のサイドミラーが派手に音を立てて、窓ガラスに当たった。

ということで、保険会社に連絡し、事故処理 in Englishである。
前述の通り、喉が痛い。
喉が痛いのだが、もう話さない訳にもいかず。しゃがれ声で事故状況を説明する。
けが人の有無、他者の車の被害の有無、警察への連絡、事故を起こした場所の地名、路面の状況、制限時速、自分の車の速度、被害状況、運転ができる状態か、Repair shopの予約、車を運転できない期間のレンタカーの予約、等。

幸いけが人はおらず、また他損事故でもないので(標識は無傷)、大事には至らなかった。

しかし、事故処理で1時間喰ってしまい、再出発したのは、夜8時頃。9時にはChristmas Villageは閉まってしまう。ここから45分、少しでも見れるのなら・・・と向かったが、まさかの大渋滞である。
こんなに人気なのか。。
それでもめげずに列に並ぶ。

カーナビの地図では、この角を曲がって約1 mileでChristmas Villageだ、というところでパトカーが止まっている。
そして手旗信号を降る人。・・・?

【真っすぐ行け】というサインである。
窓を開けて聞いてみる。

「右には行けないの?」
「見りゃわかるだろう。行けないよ。今日はもうおしまいだ。駐車場に車が入らない。」


終 了 。

というわけで、ホテルで一泊し、風邪をこじらせ、僕のUS初ドライブ旅行は終わった。
翌日、家の近くのガソリンスタンドで給油をしていると、奥さんがぼそっと言う。


「なんか、ガソリン減らすために行ったみたいだね。」

Sore iu!?とつっ込んだが、よくよく考えてみると、

ガソリンが減り、サイドミラーが壊れ、信用を失って帰ってきたということになる。
散々である。

事故現場。左カーブ後に、さらに道が左に曲がっていたのに気づかず、直進してしまったため、この標識に激突。見た通り真っ暗な道で、くそ寒い(氷点下)。


被害状況。
右のサイドミラーがとれてしまい、電線でつながっている。この後、ホテルで透明のビニールテープを借りてぐるぐる巻きにし、帰り道を走った。VOLVO XC60という車で結構いい感じの車なのだが、傷つけてしまって申し訳ない限りだ。


さて、明日からNew Mexico州の砂漠地帯をドライブする予定なのだが、今度は気をつけなくては。

2014年11月30日日曜日

189.ニュージャージー州の運転免許取得試験

去る11月26日に、ニュージャージー州の運転免許試験(筆記試験)を受けて、無事免許を取得した。

翌日の木曜日はThanksgivingという祝日で、その翌日も会社が休み。

ということで、11月26日(水)に免許を取得できるのがベスト。

しかも、州の法律で、海外からの移住者は、入国から60日以内に免許を取得するよう定められている(国際免許の有効期限はあと10ヶ月くらいあるので、運転自体は一応許されるが、本来は60日以内に取得しないといけない)。自分は9月26日に入国したので、ぎりぎりのタイミングでもあった。

午前中9時半まで電話会議に出て、出発。

試験会場まで車で40分。

天候は、まさかの雪。

試験会場に着いて、6ポイントのID証明書を提出するのだが、既に30人ほど並んでいた。

20分ほど待った時点で、大声で警備員(?)のような男が話しだした。

「免許登録のためのシステムがダウンしてしまった。あなたたちは帰ってもいいし、残ってシステムの回復を待ってもいい。しかし、先週起こった際は復旧まで丸一日かかった。自分の判断で決めてくれ。」

自分の前に並んでいた男は、「ここはいつもシステムダウンしてばかりだ。先週も同じことがあって、俺は帰ったよ。」と悪態をついていた。

MVC(自動車協会)のオフィスは大体評判が悪い。

無愛想な係官に、手続きの手違い、無礼な対応、大声で文句を言われ、いらだつ受験者達、と相場が決まっている。(試しに Google MapでMVC New Jerseyと検索してみるといい。1点評価ばかりで、最悪の対応だった、これまでで最低の経験だった、というような内容のコメントをどうやって英語で書けばいいか学習できる)

なるほど、確かにそんな感じだ。
とはいえ、自分は冒頭の理由もあり、1時間は待とうと決めた。
オフィスの中とはいえ、コートを着込んでいないと寒い。

(思わぬところに落とし穴があったな。)

仕事と生活基盤の構築に時間を割いてきた結果、運転免許は後回しになってしまった。
しかもこの試験、意外と落ちることで有名なのだ。
また、受かったとしても、本来日本の免許を持っていれば免除されるはずの路上試験が、課されてしまう人もいる。


  • 試験に落ちる
  • 試験に受かったが、路上試験をやらされる


この辺りが嫌なシナリオだなと思っていた(それに加えて、会場に着けない、または会場に着いたが、受付を締め切られて受けられないというリスクもあったが、これらはこの時点で既にクリア)

しかし、まさかのシステムダウン。

前の男は、「天候のせいだ。」と言っていたが、天候に左右されるITシステムに支えられた社会というのは、どうなんだろう。

ただ、アメリカに来てから2ヶ月、こういうことにたまに出くわす。先日は、郵便局がシステムダウンを起こしてCloseしていた。

持参した柿の種をぼりぼり食べながら待つこと50分ほど。
会場の左の方で歓声が上がった。
システムが復旧したらしい!
やった!

なぜか受けられること自体に喜びを感じてしまう。
ある意味でアメリカに慣れてきた証拠かもしれない。

(アメリカでは、社会手続き系の対応が全体的に悪い。いわゆる「お役所仕事の上から目線」というのとはベクトルが異なる悪さで、具体的には「入れ墨を腕一杯にしたおばさんが、ガムをくちゃくちゃやりながら、大声でナンバーを呼び、無愛想に書類を点検した上で、9番窓口へ行け、と言うのだが、9番窓口は間違いで、また30分列に並ばされた挙げ句、途中の手続きが抜けていた、と後になって別の窓口で怒られる」というような、レベルの低いものだ。まずコミュニケーションスキルと言われるものが、ほぼないような人たちが雇われている。ここでは、「お客様は、単なる人」だし、「手続きをしてやっている」という世界だ。それでも誰も怒らないし、むしろ気遣って、「Have a nice day」と言っている受験者すらいる(皮肉かもしれないが)。ただ、なぜか、IDチェックを終えてから入るシステムの登録を行っている人たちはまともで、コミュニケーションもしっかりしていた。採用の段階で入り口が異なるのかもしれない。)

さて、自分は6ポイントのIDを以下のように提出した。

  • パスポートとI-94
  • Social Security Card
  • Union BankのATMカード

さらに、住所確認書類として、
  • Union BankのBalance Statement(現住所宛に郵送されたもの)
を提出した。
これですんなり通ることができた。
(色々な人の体験談を見るに、IDチェックで突き返されてしまう人も多いようだ。)
パスポートでは、L1ビザの確認もされたので、そのつもりでいた方がいい。
(念のためビザ関係の書類も持参したが、それは要求されなかった)
また、
  • 日本の免許証
  • 国際免許証
を持参した。人によっては、日本の免許証の英訳と英訳証明書を提出するよう求められる人もいるようだが、自分の場合は求められず、運が良かったのだと思う。
担当官は、有効期限の「平成XX年」を西暦に直すのに苦労していた。

さて、その後、写真を撮影し、お金を払い、試験会場(別の建物)に移動し、目の検査を受けてからパソコンで試験を受ける。
パソコンでは日本語訳をつけることも可能で、念のため日本語訳付きで受けた。
実際は日本語訳が謎なことも多く7割英語、3割日本語という感じで解いたと思う。
50問出題されるが、分からない問題はどんどんスキップしていい(後になってもう一度出てくるらしい)。
40問正解した時点で合格。
10問不正解の時点で不合格。
一問解くごとに正解かどうか分かるので、分かりやすい。
自分は40問/40問で無事合格。(このためスキップした問題がリピートされるという仕組みは経験していない)

試験勉強をきちんとした甲斐があった。運転教習のテキストはMVCのHPからダウンロードできるのだが、200ページほどあり、試験問題はまんべんなく出題される。このため一通り読むことにしたのだが、大体3日くらいかかってしまった。

Webには練習問題と称するページが沢山あるのだが、いまいち的を射ていないものが多く、変に難しかったり、逆に簡単すぎたりする。また、古いページの場合、模範解答が古く間違っているケースもある(罰金などは頻繁に改訂されるので、古くなりやすい)。
ということで、以下、参考までに思い出せた問題を列記するが、もし参照する人がいたとしたら、これは2014年11月26日時点での問題である点に注意してほしい。

  1. GDLが運転できる時間は?(5:01AM - 11:00PM)
  2. 21歳以上のGDLが運転できる時間は?(時間の制約はない)
  3. GDLは監督下での運転練習が必要だが、この監督を行う人の条件は?(21歳以上、NJ州の運転免許を取得し3年以上の運転経験がある、前の座席に座っている)
  4. Special Learner Permitは何歳からか?(16−17歳)
  5. GDLのProbationary Licenseの有効期限は? (1年)
  6. Basic Driver Licenseは何歳から取得可能か?(18歳)
  7. Probationary License取得の条件は?(6ヶ月のsupervised drivingを行っており、その期間に違反なく、MVCの路上試験を合格し、17歳以上である)
  8. トラック等大型の車両の後ろを走るとき、車間距離を広めるとるべきなのは、なぜか?(トラックの運転手に自分が見えるようにするため)
  9. 路面の状況が悪いとき、普段より車間距離を広めにとるべきなのはなぜか?(can take to react)
  10. 消火栓から何フィート離れて駐車すべきか?(25フィート)
  11. 結婚等で氏名が変更になった場合、何日以内に届け出るか?(2週間以内)
  12. 他の州から引っ越してきた場合、車の届け出をいつまでに出せばいいか?
  13. アルコールの血中濃度(BAC )が0.05%のとき、リスクは何倍になるか(2倍)
  14. 1.5オンスのウィスキーは他のアルコールに換算すると?(12オンスのビール)
  15. 免許を偽造した場合、どのような懲罰を受けるか?
  16. スクールバスが学校の前で乗降をしている際、安全が確認できれば通り過ぎることができる。このとき、時速何マイル以下にしなければならない?(10mph)
  17. 上り坂で駐車するとき、車輪の向きはどちらに向けるべきか?(縁石と反対側 away from the curb)
  18. スケートボーダー、インラインスケーターは、何と同じ権利をもっているか?(動いている乗用車)
  19. 子供を乗せるときには、どこに乗せるべきか?(後部座席。後部座席がない車に限って、前の座席にすることが可能)
  20. 21歳以下のGDLはsupervised drivingを行う前に、何をもらうことになるか?(2枚のDecal(前後のナンバープレートに1枚ずつ貼付するステッカーみたいなもの))
  21. Uncontrolled intersectionで複数の車が来た場合、一般的なルールは?(自分から向かって右側の車に、優先権(RIght of way)を譲る(yield))
  22. 交差点にある横断歩道(Crossswalk)の近くで駐車する場合、何フィート離れるべきか?(25フィート)
  23. 交差点で道路と垂直に引かれている白い線では、どうすべきか?(白い線の手前で止まる)
  24. Turnする場合、何フィート手前でSignalを出すべきか?(100フィート)
  25. Railroad crossing when there flashing lights, ringing bells or flag signals, 運転者はどうすべきか?(15フィート離れて止まる)
  26. 路上で縦列駐車するときは、縁石から何インチまで離れてよいか?(6インチ)
  27. If a motorist is angry or excited, どうすべきか?(落ち着くまで車に乗らない)
  28. アルコールを体外に排出するのに効果的なものは?(時間をかける)
  29. Highway Hypnosisを防止するのによい方法は?(Not looking at one thing for more than a few seconds)
  30. 前の車との車間距離は時間にするとどのくらいが望ましいか?(3秒間)
  31. Skid(横滑り)を起こしたときは、どうするべきか?(gas pedal(アクセル)から足を離す。選択肢にはなかったが、その後、Skidを起こしている方向と同じ方向にハンドルを切る)
  32. Puddle(水たまり)に入ってしまった後、何をすぐにすべきか?(ブレーキのチェック)
  33. タイヤがパンクしてしまったとき(Tire blowout)、どうすべきか?(Gradually slowing down)
  34. NJ州では何年に1回車検をするか?(2年に1回)
  35. トラックの近くを運転する際に気をつけるべき点は何か?(広い死角(no zone)があること)
  36. 赤い逆三角形のマークは?(Yield)
  37. 夜間での走行では、いつでもどの程度の目安で止まれるように運転するか?(時速XXマイルでXXフィート以内)
  38. Signalを使うときはどんなときか?(曲がるとき、レーンを変えるとき、減速するとき、のすべて)
  39. コーナーを曲がるとき、車は自然とどの方向に行こうとするか?(真っすぐ)

ちなみに、MVCオフィスはLodiにあるオフィスである。

North Bergenのオフィスよりはまともである、との評判で、確かにシステムダウン等あったものの、結果として日本の免許で路上試験をパスできたので、相対的にはいい方なのだと思う。
大体滞在時間は4時間ほどだった。
帰る頃には、車に雪が積もっていた。

「免許取得初日から、雪道かー」

考えてみると、この日、人生で初めて雪道を運転したことになる。
無事に帰って来れてよかった。


これからニュージャージーは本格的な冬を迎える。